HOME > 社会貢献・イベント情報 >
社会貢献・イベント情報
2018/11/07
慈光第二幼稚園 あべ弘士さんと一緒に壁画を作ろう

 11/()絵本作家あべ弘士先生をお迎えして、慈光第二幼稚園年長さんの40名と壁画を作りました!!

 

 五感を育みながら、心豊かに成長出来るお手伝いとして実施している「キッズプロジェクト」の一つに、絵本「あらしのよるに」を描かれたあべ弘士さんをお迎えしました。

 

 はじめは、ぞう組さんとキリン組さんの参加ということで、それぞれの鳴き声を園児たちに質問します。ゾウさんの鳴き声は?じゃあ、キリンさんの鳴き声は? 「〇×♯~」「コンコンっ」「キーっ」園の

先生も一緒に参加して色んな動物たちのなき声で子どもたちのテンションもマックスです。

 

 

 しかし、木製の大きなキャンバスに、たくさんの動物たちが一筆書きのように一気に描かれる姿は、子どもたちの目を釘付けにしてしまいます。絵本で子どもたちの魅了してやまないあべさんの動物の絵と世界観は、25年にわたって旭山動物園で飼育係を務めた経験が原点。
 

 

 一生懸命に色を塗る園児の姿には「絵に説明はいらない。絵を描いたり鑑賞する楽しさを大人のなっても持ち続けてほしい」と。

 

 

 あべさんは、震災後、子どもたちを元気にしたいと何度も会津を訪れて応援して下さっています。

 

 慈光第二幼稚園様は、リオン・ドール門田店で「歌声を届けるプロジェクト」として素敵なディスプレイと元気な歌声をプレゼントしてくださる身近な存在であり、絵画に造詣が深く、賞も受賞されている園で、このたび新園舎完成後にはこの壁画を飾る予定として、大変思い出深いものとなると思います。

 

 

 集合写真やあべさんが帰られる時には、先生の頭をなでなでしたり「あべせんせ~い。またきてね~」などアイドルか動物か分からない接し方でしたが、あべさんは終始ニコニコでした。

 

 翌日お邪魔した時には、「今、あべ弘士先生ごっこが流行っているんです」それは何でしょうと聞いたところ「ボクは、あべ弘士だと、書いているマネ」をしていますと、そんな写真もご紹介します。



 今回、慈光第二幼稚園の先生方、慈光幼稚園様にも大変ご協力いただき、準備から当日の進行、何よりみんな楽しく過ごせたことは大変感謝いたします。ありがとうございました。


前へ次へ